35才の転職が限界だと論じられる厳しい世間でも、40歳前後から絶対に成功させる仕事の転職活動メソッド

長年まじめに仕事して来たけれど自分には自慢するくらいのスキルも輝かしい資格も皆無だし…、というような場合、どうやっていい条件での転職活動を実行すれば良いでしょう。

ある特定の資格を必要とする職務に就きたいのなら、一番初めに取得を目的として勉強から取掛りましょう。独身の女性が転職を希望する場合、結婚で職務内容に何らかの支障が生じてくるのではないかと懸念する企業が多々有ります。また、四十代という歳にもなれば父母の悩ましい介護問題も付いてくるの可能性もあります。

おのおのの課題にどのように対応をするとよい予定なのかということはあなたなりにあらかじめ策定してみてください。フルタイムの正社員としての転職が多少難しい40代女性の方の内には、探しやすい準社員として労働することを選ぶ方も多くみられています。

やはり正社員と労務の待遇面等に関するギャップは多少大きくなるでしょうが、ひとまずスキル磨きに挑みながら次のチャンスに賭けるという対策も考えられます。

転職活動について綴られた過去の成就体験であれば、ネット上でいくらでも仕入れる事ができると思います。どんなことがうまく行った決め手なのか?どんな面に苦労を重ねたのか…、とくに四十歳代キャリアウーマンの場合はどういった努力をして見事採用を勝ち取ったのでしょうか?過去の手本を確認すると良いでしょう。

自身の自らのキャリアを前に出して職のステップアップをしたいなら、相当の労力が必要になるかも知れません。でも、秀でた能力のある即戦力パーソンを探している雇用会社も結構たくさん在ります。自分の理想的な再就職を目指して前進したいものです。

結婚を考えて夜勤の少ないところに転職をしました

私は以前、別の病院で働いていました。
その時、その病院で働くことに、とてもやりがいを感じていたのです。
しかし、そこでいつまでも働いていていいのかなと思うようになりました。
そのように思ったのは、だんだんと私と同じように働いていた看護師が、その病院をやめるようになったのです。

その理由としては、結婚があります。
結婚をして働いている人もいますが、そのほとんどの人は地元の人で、親の協力があるとかいう人たちです。
その人たちの場合は、こどもが出来た時に、助けてもらうことができたり、ふとした時に、協力をすることができます。
しかし、私の場合は地元を離れてきているので、その病院で働くことができるかなと考えるようになったのです。

また、夜勤が多いということもあります。
夜勤は月に8回ぐらいありました。
その時、夜勤の前日、夜勤をした後など、体が緊張したり、疲れたりして、少しづつ体力的にも自信がなくなってきたのです。

そんな時、別の病院で働く看護師の話をきいて、そこだったら働くことが出来るのかなと、興味を持つようになりました。
その病院というのは、託児所があります。
また、こどもが小さい時には、夜勤を免除してくれるというのです。
そのような、結婚をした人に、とても便利なところであると知り、そのに魅力を感じるようになったのです。

そのため、今のうちから転職をしたいと思いました。
結婚をする予定もあるので、そのことを彼にも相談をすると、彼の希望も、夜勤の少ないところということだったのです。
結婚をして新生活で、気持ちよくスタートをさせたいと思ったので、早い段階から転職をすることにしました。

最初は慣れずに大変でしたが、今はすっかり慣れて良かったと思っています。
結婚を考えた時、その生活ががらっと変わってしまうので、そのことを想定して、転職をすることは、とても大事なことだと感じます。
私の場合も、そのように決断をしたことは、良かったと思っています。

薬剤師資格を活かすために

薬剤師資格を手にするのは容易ではありません。

専門の勉強を続け、実習に臨み、国家試験に合格初めて手にすることができます。苦労して薬剤師になり晴れてなった、しかしその仕事は厳しいです。ある意味患者の命を預かっている重圧、ミスは許されない緊張感、重なる不測の事態への対処。医師はもちろん、薬剤師も決断の連続なわけです。

加えて人間関係の問題もあります。他の薬剤師や医師との信頼関係、職場の雰囲気の良しあしも仕事環境に影響を与えます(これは薬剤師の職場に限ったことではありませんが)。上記を含む様々な理由から現在の職場を替えたいと思ったら、選択肢は以下の三つとなるでしょう。

①別の病院や薬局・ドラッグストアで薬剤師として働く

②薬剤師ではないがその資格が活かせる仕事に就く

③薬剤師を辞め、別の職種に移る

現在の仕事にやりがいはあるけれども人間関係、職場の雰囲気に疑問を持つならば、①の選択肢となるでしょう。薬剤師としてのブランクがそれほどなくキャリアもあるなら、苦も無く転職先が決まることと思います。薬剤師はいつでも求められているのです。

薬剤師の仕事は荷が重い、しかしせっかくの資格だからそれを活かせる仕事に、ということであれば、薬剤師ではないけれどその資格を重宝してくれる職場に移るという方法もあります。それが②の選択肢です。具体的にはサプリメント会社、美容クリニック、トレーニングジムでの健康アドバイザーなどが挙げられますが、探せば多くの職場で薬剤師という資格を必要としてくれるはずです。

残念ながら薬剤師という職業が合わなかったという方は、思い切って別の職種を選択することになります。それが③です。

現在の仕事に疲れたら、まったく別の職業を選んでみてください。子供のころ、好きだったことはありませんか?これをしていれば、時間が経つのを忘れることができた、そんなものはありませんか?それを仕事にしてみるのです。

子供のころから好きだったもの、それを扱うことで天職に会える人もいるのです。しかし、別の仕事に移っても、薬剤師という仕事を捨ててまでなお打ち込めるものであるかは、1、2年の間自問自答を続けてください。
薬剤師の仕事は辛いこともあるでしょう。しかし給与の面では恵まれており、40代50代になっても続けられる仕事です。人のためにもなる技術を手に入れているのです。

せっかく取得した資格を活かせれば良いですね。

もし、以前の仕事に戻る決断ができたなら、速やかに薬剤師の職業に戻りましょう。どの職業にも言えることですが、ブランクがあればあるほど元の職業には就きにくくなるものです。逆に言えば、ブランクが短ければ短いほど、どんな職業と比べても再就職はたやすいはずなのです。

日本薬剤師会

薬剤師が集まると、話題はもちろん転職のことになります。

5年目ともなると、薬剤師としてのキャリアを考えさせられる。

気の合う薬剤師が集まると上る話題。それが転職のことってよくあることですよね。転職って自分にはできないわと思う人だって、一度は考えたことのある人は少なくないでしょう。

だって、今の働く環境に満足している?給料に満足している?人間関係は良好?いろんなことを考えたら、今の薬局から違う薬局へ環境を変えるべきかも。自分の置いているこの環境に甘んじていてはいけない、もっとチャレンジをするべきかも…と考える薬剤師は多いのです。特に5年目で中堅層になってきたら、看護観も出来てきますし、責任ある立場になりつつあるので、色々と考えることは増えるのです。

転職した人の体験談が気になってしまう。

でもそれと同時に話題に上るのが、実際転職を行ったことのある人の体験談。どこの薬局でも一人くらいは転職を経験して入職してきた人はいるはずです。その人からこのサイトは良かった、このサイトのどういうところが駄目だった、今度転職するなら、こういうところに気を付けてしたいなとか聞くととっても参考になるのです。

薬局の数もたくさんあるし、薬剤師転職のサイトを見ても数多くの薬局が出ている。その中から実際に働く場所を決めることは本当に難しいし、勇気がないとできない、なんて話を聞くと、私にはちょっと無理かななんて思ってしまうのです。

転職サイトも気になってしまう。

特に実際に転職をしたことはないのだけれど、転職を考えたことはある。でも先輩の転職話を聞いて、ちょっと無理かもと思った私には多分一生転職は無理なんだと思います。

薬剤師の転職サイトを見て、あまりの条件の良さにいいな!と思ったことは何度もありますよ。でもその薬剤師転職サイトに実際登録をするほどの勇気がない。またせっかくここまで慣れて、人間関係も培った来たのに、ここでやめるなんて勿体ないとも思うこともあるのです。

でももしかすると今後何かのきっかけで転職を志すこともあるかもしれない。その時のために薬剤師転職についての情報は持っていたいと思うのです。

求人情報からは見えない転職先の人間関係

中堅層にもなると、病棟では責任ある仕事を任されるようにもなるし、後輩からも頼られるようになる。また病院の委員会に参加したり、看護研究のメンバーになることだって。また夜勤ではリーダー層をすることもあり、段々とストレスがたまることはないでしょうか?

自分はまだまだそこまで達していないし、もっと自分の技術を磨きたい、でも経験年数だけが独り歩きして、期待される。その重圧に耐えられなくて転職を考える人だってきっといるはず。私もその一人、いまだに夜勤でリーダーを任されることは不安で仕方がありません。

反対にもう5年目なのに、この給料?この待遇?新卒の時から給料は余り変わらないし、勤務のきついばかりでもっと条件の良いところに転職したいと考える人も少なくないですよね。病院だって経営がきついところもあるし、給料に不満を持つ看護師も少なくないですよね。

実際に同じ年代の看護師が集まれば出てくるのはそんな話題。でも実際に転職する勇気が持てないんだよね…と終わってしまう会話。よくあることです。

わたしもそんな一人で転職に今ひとつ前向きに慣れないのです。転職サイトには登録をしているのですが、前向きに慣れない、それには理由があります。どの転職サイトを見ても条件とか待遇とかメリットがたくさん書いてあるので、それには凄く惹かれるのです。しかし、一番心配なのは、求人情報からは見えてこない、人間関係の部分なのです。

やっぱり働く時ってその時の同僚、上司との関係は凄く大切だと思うのです。でもその人間関係が見えてこないのは不安です。だから私は転職担当者に質問をすることもよくありますし、実際に職場の写真や口コミが乗っているところを参考にしています。やっぱり働く環境はそこで働く人の声をきくことが一番ですよね。そのために口コミは特に参考にしています。そしてできれば実際に病院の候補を決めたら今度は見学に行って、自分で雰囲気を感じたいなと思っています。

入院患者さんの入れ替わりが多い病院から転職したい!

私は働いている病院は、総合病院です。その病院は、地方でも有名なところとなっているので、いろいろな患者さんがやってきます。そのため、入院待ちをしている患者さんも多いのです。

そんなことから、その忙しさはひどいものです。ひどいというのは、若い時にはそれも楽しいと思う事ができました。若い時には、アレルギーがあるので、すべてのことについて吸収をしたいと感じて、辛いとひどいと思う事はありませんでした。

しかし、25歳を過ぎた頃から、そのことがとても辛いと思うようになったのです。それは、新卒で就職した時の事を思うと、無理をする事ができない年になったと思う事があるのです。

その一つに、夜勤をした時に、特に感じる事があります。以前は夜勤をしても、そのまま寝ずに遊びにいくこともありました。また夜勤をする前にも、遊んでおいて夜勤にいくこともあったのです。

ところが、そのようにすることが無理となってきます。無理の聞かない体になってしまったと、この年になると感じたりしています。

そんな私も時々、同じ看護師として別の病院で働いている友人と話をする事があります。その友人と話をすると、少し落ち込むこともあるのです。それは、その友人がとても楽しそうに看護師をしているということです。私と同じ独身で、私生活においても、とても楽しそうにしています。

なんでも、その友人の病院は入退院の患者さんが少なく、毎日安定をしているということでした。そのことを思うと、私が勤務をしている病院では、とても忙しいので、辛くなります。しかもお給料も、そんなに変わらない事を知り、ますます転職をしたいと言う気持ちになっています。

早い段階で転職をするほうが、キャリアのためにもよいと思っているので、そのことを真剣に考えています。無理をして辛い辛いと思って働くよりも、楽しいと言う気持ちで看護師として働きたいと思うのです。私生活を充実させることができる病院への転職を、真剣に考えているところです。

看護師として誇りを持って働くため大学病院に転職したい

私は個人病院で看護師として、働いていました。その看護師として働くようになったのは、自宅から近いということがありました。小さい時からかかっている病院だったので、その病院で働きたいと思っていたのです。そこで働くのは、地元の患者さんを大切にしていると言う感じがするので、その点でその病院のことも評価をしています。

実際に働いていて、楽しいと思うことができていました。しかし、そのようにそこでずっと働くことに疑問をもつようになったのです。

それは同窓会に出席をした時でした。いろいろな同級生の看護師として働く内容について聞くことができたのです。そんな時、一人の大学病院で働いている看護師の人と話をする事ができました。その看護師と話をしていると、とても輝いていると感じることができたのです。その大学病院では、最新の医療を行っていて、とてもやりがいがあると話をしていました。

その話を聞いた時に、私はこのままでいいのだろうかと思うようになったのです。それは、このまま個人病院で働いて後悔をする事はないだろうかと、真剣に悩むようになりました。

その後、ますます大学病院のことを知りたいと思うようになり、その彼女が働いている大学病院に見学にいくことにしました。すると、そこにいくと私が働いている病院との違いをはっきりと知ることができました。看護師たちが、とても生き生きと、しかも颯爽としているのです。

その姿を見た時に、今なら間に合うかもと言う気持ちになったのです。今の年齢だったら、大学病院に転職をすることができると思ったのです。大学病院は、とても忙しいと聞きます。しかし、今そのことを学びたい、そこで仕事をしたいと思うようになったのです。

30歳になると、少し気持ちが変わってしまうかも知れないと感じて、転職をすることにしました。転職後は、とても慌ただしい日々がすぎています。そのことは、疲れるということと同時に、気持ちの安定も図ることができているので、良かったと思っています。

転職してきた同僚の話

最近うちの病院に転職してきた看護師がいます。その人は見るからに???という感じの人です。なにが???かというと、どう見ても精神科関係の薬を飲んでいるような感じがするのです。看護師ならばきっと感じることが出来るはずですよね。その人が入って来た日、私は一斉に同じことを感じたのだと思います。それから、みんな腕にリストカットのあとはないないか、手の甲に履きダコはないかなど各々チェックをしたのだと思います。その日から数日間はその人の話題で持ちきりでした。

だいたい転職をしてきた人って、いろいろうわさされるものですよね。でもそれは同然だと思うのです。だって、これまでの職場に新しい人がはいって来るということですから。入ってきたことによって、病棟の雰囲気だって少し変わるかもしれません。業務だって少し変わるかもしれませんよね。そのようなことを知っているから、今度の転職してきた看護師はどんな看護師が凄く気になるのです。

うちの病棟に来た転職者はまずナース服がピチピチだったことが気にかかりました。多分それは精神科の薬の副作用のせいです。次に言葉数が少ないということも気にかかりました。私たちも様子をうかがっているけれど、相手も様子を見ていたのかもしれません。そのためにおとなしかったのかも。

そんな強烈な印象を残した転職新人ですが、慣れてくると次第に私たちにもとけ込めるようになってきたのです。お互いに警戒心が解けてきたのかもしれませんね。これまでの様子見の段階から、一歩前進した私たちはナースステーションでも、ナースの休憩室でも少しずつ話をするようになってきてやっと同僚という感覚がわいてきたのです。転職をする時ってしてくる方も不安が多いと思うけれど、受け入れる方も不安が大きいなということが分かりました。でもせっかく一緒に働く仲間になったのだから、最後まで力を合わせて頑張りたいと思うのです。そしてできれば気持ちよく働いてほしいと思っています。