薬剤師資格を活かすために

薬剤師資格を手にするのは容易ではありません。

専門の勉強を続け、実習に臨み、国家試験に合格初めて手にすることができます。苦労して薬剤師になり晴れてなった、しかしその仕事は厳しいです。ある意味患者の命を預かっている重圧、ミスは許されない緊張感、重なる不測の事態への対処。医師はもちろん、薬剤師も決断の連続なわけです。

加えて人間関係の問題もあります。他の薬剤師や医師との信頼関係、職場の雰囲気の良しあしも仕事環境に影響を与えます(これは薬剤師の職場に限ったことではありませんが)。上記を含む様々な理由から現在の職場を替えたいと思ったら、選択肢は以下の三つとなるでしょう。

①別の病院や薬局・ドラッグストアで薬剤師として働く

②薬剤師ではないがその資格が活かせる仕事に就く

③薬剤師を辞め、別の職種に移る

現在の仕事にやりがいはあるけれども人間関係、職場の雰囲気に疑問を持つならば、①の選択肢となるでしょう。薬剤師としてのブランクがそれほどなくキャリアもあるなら、苦も無く転職先が決まることと思います。薬剤師はいつでも求められているのです。

薬剤師の仕事は荷が重い、しかしせっかくの資格だからそれを活かせる仕事に、ということであれば、薬剤師ではないけれどその資格を重宝してくれる職場に移るという方法もあります。それが②の選択肢です。具体的にはサプリメント会社、美容クリニック、トレーニングジムでの健康アドバイザーなどが挙げられますが、探せば多くの職場で薬剤師という資格を必要としてくれるはずです。

残念ながら薬剤師という職業が合わなかったという方は、思い切って別の職種を選択することになります。それが③です。

現在の仕事に疲れたら、まったく別の職業を選んでみてください。子供のころ、好きだったことはありませんか?これをしていれば、時間が経つのを忘れることができた、そんなものはありませんか?それを仕事にしてみるのです。

子供のころから好きだったもの、それを扱うことで天職に会える人もいるのです。しかし、別の仕事に移っても、薬剤師という仕事を捨ててまでなお打ち込めるものであるかは、1、2年の間自問自答を続けてください。
薬剤師の仕事は辛いこともあるでしょう。しかし給与の面では恵まれており、40代50代になっても続けられる仕事です。人のためにもなる技術を手に入れているのです。

せっかく取得した資格を活かせれば良いですね。

もし、以前の仕事に戻る決断ができたなら、速やかに薬剤師の職業に戻りましょう。どの職業にも言えることですが、ブランクがあればあるほど元の職業には就きにくくなるものです。逆に言えば、ブランクが短ければ短いほど、どんな職業と比べても再就職はたやすいはずなのです。

日本薬剤師会

薬剤師が集まると、話題はもちろん転職のことになります。

5年目ともなると、薬剤師としてのキャリアを考えさせられる。

気の合う薬剤師が集まると上る話題。それが転職のことってよくあることですよね。転職って自分にはできないわと思う人だって、一度は考えたことのある人は少なくないでしょう。

だって、今の働く環境に満足している?給料に満足している?人間関係は良好?いろんなことを考えたら、今の薬局から違う薬局へ環境を変えるべきかも。自分の置いているこの環境に甘んじていてはいけない、もっとチャレンジをするべきかも…と考える薬剤師は多いのです。特に5年目で中堅層になってきたら、看護観も出来てきますし、責任ある立場になりつつあるので、色々と考えることは増えるのです。

転職した人の体験談が気になってしまう。

でもそれと同時に話題に上るのが、実際転職を行ったことのある人の体験談。どこの薬局でも一人くらいは転職を経験して入職してきた人はいるはずです。その人からこのサイトは良かった、このサイトのどういうところが駄目だった、今度転職するなら、こういうところに気を付けてしたいなとか聞くととっても参考になるのです。

薬局の数もたくさんあるし、薬剤師転職のサイトを見ても数多くの薬局が出ている。その中から実際に働く場所を決めることは本当に難しいし、勇気がないとできない、なんて話を聞くと、私にはちょっと無理かななんて思ってしまうのです。

転職サイトも気になってしまう。

特に実際に転職をしたことはないのだけれど、転職を考えたことはある。でも先輩の転職話を聞いて、ちょっと無理かもと思った私には多分一生転職は無理なんだと思います。

薬剤師の転職サイトを見て、あまりの条件の良さにいいな!と思ったことは何度もありますよ。でもその薬剤師転職サイトに実際登録をするほどの勇気がない。またせっかくここまで慣れて、人間関係も培った来たのに、ここでやめるなんて勿体ないとも思うこともあるのです。

でももしかすると今後何かのきっかけで転職を志すこともあるかもしれない。その時のために薬剤師転職についての情報は持っていたいと思うのです。