看護師資格を活かすために

看護師資格を手にするのは容易ではありません。

専門の勉強を続け、実習に臨み、国家試験に合格初めて手にすることができます。苦労して看護師になり晴れて病棟勤務になった、しかしその仕事は厳しいです。患者の命を預かっている重圧、ミスは許されない緊張感、重なる不測の事態への対処。医師はもちろん、看護師も決断の連続です。

加えて人間関係の問題もあります。他の看護師や医師との信頼関係、職場の雰囲気の良しあしも仕事環境に影響を与えます(これは看護師の職場に限ったことではありませんが)。上記を含む様々な理由から現在の職場を替えたいと思ったら、選択肢は以下の三つとなるでしょう。

①別の病院で看護師として働く

②看護師ではないがその資格が活かせる仕事に就く

③看護師を辞め、別の職種に移る

現在の仕事にやりがいはあるけれども人間関係、職場の雰囲気に疑問を持つならば、①の選択肢となるでしょう。看護師としてのブランクがそれほどなくキャリアもあるなら、苦も無く転職先が決まることと思います。看護師はいつでも求められているのです。

看護師の仕事は荷が重い、しかしせっかくの資格だからそれを活かせる仕事に、ということであれば、看護師ではないけれどその資格を重宝してくれる職場に移るという方法もあります。それが②の選択肢です。具体的には介護施設、美容クリニック、トレーニングジムでの健康アドバイザーなどが挙げられますが、探せば多くの職場で看護師という資格を必要としてくれるはずです。

残念ながら看護師という職業が合わなかったという方は、思い切って別の職種を選択することになります。それが③です。

現在の仕事に疲れたら、まったく別の職業を選んでみてください。子供のころ、好きだったことはありませんか?これをしていれば、時間が経つのを忘れることができた、そんなものはありませんか?それを仕事にしてみるのです。

子供のころから好きだったもの、それを扱うことで天職に会える人もいるのです。しかし、別の仕事に移っても、看護師という仕事を捨ててまでなお打ち込めるものであるかは、1、2年の間自問自答を続けてください。
看護師の仕事は辛いこともあるでしょう。しかし給与の面では恵まれており、40代50代になっても続けられる仕事です。人のためにもなる技術を手に入れているのです。

せっかく取得した資格を活かせれば良いですね。

もし、以前の仕事に戻る決断ができたなら、速やかに看護師の職業に戻りましょう。どの職業にも言えることですが、ブランクがあればあるほど元の職業には就きにくくなるものです。逆に言えば、ブランクが短ければ短いほど、どんな職業と比べても再就職はたやすいはずなのです。

日本ホームヘルパー協会